心の悩みを少しでも軽くするには、心の声を聞くことです。そのお手伝いができたらと思います。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年05月25日 (月) | 編集 |
nyanko_titi

Sunglasses_RB_$11.864,Free_Ship_25,http://t.co/waV1XH7MZJ http://t.co/WoV1KOzGrJ @NamoradoKarla @NanDoCharnotta @NanaIsMyNamee
05-24 01:46

Sunglasses_RB_$11.874,Free_Ship_96,http://t.co/KLuofeFYwc http://t.co/8cu0NkgSiP @Names_Sampson @Nameschary @NamikaKamioka16 @NamirDavis
05-24 01:46

Sunglasses_RB_$11.858,Free_Ship_39,http://t.co/mBXLQXcuUr http://t.co/nTXYY5lFsc @NamelessLolaH @NamelessRT @NamelessUnited @NamesGreg
05-24 01:46

Sunglasses_RB_$11.899,Free_Ship_77,http://t.co/Eb3edoCnoi http://t.co/0ajH6JM38U @NameThemmy @NamedGabriella @Nameleessnao
05-24 01:46

Sunglasses_RB_$11.868,Free_Ship_74,http://t.co/waV1XH7MZJ http://t.co/oij3tpQNR9 @NalvaReggae @NamalooomAfraad @Namaste_Biotch
05-24 01:46

Sunglasses_RB_$11.834,Free_Ship_92,http://t.co/TnECQzJfzm http://t.co/6mr4DUpKV2 @Nallelyyromero @Nalmugairen @Nalu_paiz @Nalu_santoos
05-24 01:46

Sunglasses_RB_$11.811,Free_Ship_34,http://t.co/B1RvLVeU5k http://t.co/lVHxr01rpk @NalayaCarter @NaldaAngelina @Nalla011086
05-24 01:46

Sunglasses_RB_$11.844,Free_Ship_17,http://t.co/cKGhdU6eaE http://t.co/tVfMh8OSTd @NakishaSai @NakitaaaBaeee @NalaRatih_24 @Nala_Breaux
05-24 01:45

スポンサーサイト


2012年04月29日 (日) | 編集 |
私は生きていくうえで、大切なものは…
感謝の心だと思う

人は一人では生きていくことはできない
己のことだけに目をむけていると、まわりのことが見えなくなってしまう。

当たり前ではなく、周りのことにも感謝すること
当たり前を当たり前と思わず、当たり前のことでも、感謝できる人こそ
人であると思う

何故、今更こんなことを思うのだろうと…自分の心に手を当てる

言葉が足りないと感ずる
心が淋しく感じる

だったら頭を下げるだけでもいいのかもしれない
今の自分に、たりないものが見えるだけでもいいのかもしれない

自分の心の思いを託して
感謝する心を忘れないように…









テーマ:心のつぶやき
ジャンル:心と身体

2011年11月19日 (土) | 編集 |
子育てと介護の違いはなんでしょうと
心に問いかけることがあります
わが子
わが親
義理の親
いつかは旦那
そして自分

誰もが自分だけは、迷惑をかけないと思って生活しているのは確かですね
しかし
子どもはどうでしょう

生まれたら
誰かの力がないと、生きていけません
わが子だから、かわいいに決まっているのでしょうが

かわいいだけでは子どもの心の成長は止まってしまいます。
子どもの心に、大人へのいたわりの大切さを感じさせていないと
いざ、遭遇したときに、介護の憤りだけが残ってしまうのではないでしょうか

いつかは子ども達も
誰かのお世話をすることがあると思います。

それが他人であろうと
子どもの頃に感じていた
思いやりがあれば、すこしの優しさが保ていると思います。

子育てから始まる介護へのいたわりの心
それを感じさせるのも親の役目に一つではないでしょうか





2011年09月11日 (日) | 編集 |
子どもの行きたくないよは
SOS

そんなことはわかっていても
親は戸惑う

なんでそんなことをいうのかと・・・

無理やりにでも行かせるか
休ませるか

選択しは二つ

しかし、ここでつまずくと子どもは楽な方へとの選択をしてしまう
親もかわいそうとなくだけで、ついまあいいっかと

子どもの選択に合わせてしまった箏の後悔をすることになるのだろう

じゃあどうすればいいのかと…
解決策は子どもの取り巻く環境によって違うにしても

子どもの心に安心という
二文字を植え付けることが肝心だと私は思う

でも、まだ3歳だからと言い訳をしているようではだめだです。
子どもは生まれ落ちたときから、一人の人間なんだから

大人の所有
大人のおもちゃのように接していたら、子どもは一人で生きていかなくても楽ができるとものと勘違いしてしまうのです。

0歳には0歳なりの考えかた
1歳には1歳
2歳には2歳と・・・

子どもの芽生える心の目を摘んではいけないのです。

まだ3歳ではなく、もう3歳なのです。
人生においての、子どもの時間は短いのです。

子ども自身に、今いる現状を理解させ、自分の力で歩くことの楽しさや辛さを教えるのが親の仕事だと思う

子どもの「行きたくない」の心の声はなんなのか
子どもの声を聴き、今いる場所が安全・安心なのか

生まれてきたときのこと
楽しいことを思いうかべながら

子どもの声を聴きましょう。




2011年09月10日 (土) | 編集 |
今、とても不条理に思っていることあります。

思い起こせば一年前の出来事の再来?

言い合いのけんかをしてしまい
私の心の中では、処理できていたことなのに・・・

相手に「ねにもっている」と
告げられたんです。

誰が悪いというものではなく、お互いの立場を理解できなかったゆえにおこった喧嘩
それなのに…
まだ「ねにもっている」と告げられた
私にどうしてほしいのだろうか

また謝るのだろうか

私は自分なりに反省し、自分なりに処理(心の整理)を付けたつもりでいた
それは私の勝手な思いだったと知った時



相手の人にたいしても、それなりの付き合いをさせてもらっていたと
思っていたのは私の勝手な思いだったと…

この一年間の私の思いはどこへいったのだろうかと・・・
なんと不条理なことなのかと思い知った瞬間だった。

これからの私はどうしたらいいのだろうか
どう接すればいいだろうかと

心悩ませる日々が紋々と続く


2011年07月24日 (日) | 編集 |
今やエコ時代

環境だけがエコじゃない

体・心
人に一番大切なのもは
思いやり

心にもエコって
人にも優しくということ

ぎすぎすして
人の上げ足ばかりが人生のような人

相手によって
言葉じりをかえる人

仕事をする上で
精一杯する人が損のような
時間だけを気にする人

こんな人はエコじゃない
自分の体にはエコであっても
心(回りの目)はエコじゃないと思う

きっと感じるはず
エコの怖さを…
それが人のエコだから

だれそれがなんていいわけ
いらない

自分ができる
心のエコを精一杯
頑張る
それが
お互い様という
エコにつながるのではと思うこのごろ








2011年06月12日 (日) | 編集 |
女ってどうして、こんなに噂話がすきなんでしょうね
特におばさん

そういう私もおばさんなのだけれど…
テレビのニュースのワイドショーを見ている

そんなことはたわいにないこと
私がいいたのは…

ご近所の噂話
だれそれが…それが…
それに輪をかけたように話がどんどん複雑になっていく

私のご近所さんにもいた
反対にその家のことを言うものなら

反撃がやってくろ
しかし、人は話半分、信用半分とおもってしゃべらないと
言ってもないことが、言ったことになっている

この現象はいつになっても、終わらない

人のことを言って楽しむなら、必ず自分のところに帰ってくるということ
それをわかった上でしゃべってほしい

噂話だから、何を言ってもいいのではない
言葉の責任もあるということをわかった上でしゃべってほしい

歳を重ねた以上に言葉にも責任を持ってほしい


2011年06月06日 (月) | 編集 |
他人に自分の思いをわかってもらおう
そんな理不尽はことはない

コマーシャルで
思いは見えないが思いやりは見える…

行動に移せないから思いやりがないわけではない
だって、すべての人っていうわけじゃないけれど
まずは、親切っていうことが迷惑になるかもって考える
そして、まあいいかと自分勝手に言い訳する
または、他人の目が気になり、そぶりをみせるかも

お互いの領域があって
うれしいと感じてもらえる事の方が少なくなっているのでは…
無理に、越えられるから「怒り」「いやみ」「不機嫌」など感情がわき請ってくるのではないかな

すべてを否定することはできないが
人は人と関わって生きていく

他人同士でも、他人同士が互いに互いを必要として
互いの位置を確認しながら、生きていく

それは社会だろうが家庭だろうが同じだと私は思う
不可解な社会だろうが、今生きているのが現実

それなら楽しく過ごせる事を考える
優しくなれる自分を見つける事が一番だと思う

おのずと笑顔が増えるでしょうね



2011年05月15日 (日) | 編集 |
人は悩み
心を痛めるもの

他人にしてみたら、些細なことでも、それがその人にとっては問題なのだから
その瞬間に悩んでいたら
その悩みを共感してあげてほしい

言葉にすることで心が軽くなる人は
自分の位置(存在)を確かめたのだと思う

そして自分の存在(価値)を理解してほしい
認めてほしいと願っているのだろうと思う

誰しも、自分のことを正当化して言葉にする
そこには本音もあれば嘘の心もある

言葉の中に本当の心が見え隠れするものだから
聴いてあげる意味がそこにあるのだと思う

心の本音は言葉に表しにくいもの
さらけ出すことが恥ずかしいと思うのも人の心

人の心も奥の深きもの
だから悩んでなんぼのもの
多いに悩みなさいってね
そして成長するのだと私は思う






2011年05月01日 (日) | 編集 |
今、自分のとの闘いの日々
何故なら

人間関係でこれほどと思うくらい悩んでます
今さらと思う自分と、
これからが本番と考える自分がいるからです

ある程度仕事を任されるようになったのが幸いしたのか
愚痴や中傷が聞こえてくる

人は何故、人のことを悪く言ったり、人のことをさも自分のことのように言うのでしょう
自分からは挨拶もしなのに、人が言わなかったら、無視されたといいまわる
それを人はさも自分のことのように言って回る

この歳なっても嫌な行為
心の狭さを知りなさい
誰にも抑えられない心はあります
しかし、その思いをすべて言葉にしていたらどうなるのでしょう

自分は気持ちいいのかなって
後の始末はって

集団で仕事をする中でのルールってものが無いのが現状
始末におえません
いつもどこかでバトルが起きる
だから女はって…聞こえてくる
 
人のことを言っている以上、自分のことも言われてるって思う事
聞き流せないなら
聞こえるように言わないでよ

聞こえていいのは挨拶
そして
「今日の予定」
心が元気じゃないと仕事もはかどりません。

自分だけじゃ仕事は回らないって思うと
相手への気遣いもできるはず

お互い様って思える人生
そんな人生をずっと送りたいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。